安全・安心・衛生 日本ウコン産業株式会社
 
ウコン製品 ゲルマニウム製品 原料図鑑 Club Ukon 会社概要 HOME
 
ョウガ科ウコン属に分類される多年草で、高さは約1.5m。
葉は先の尖った楕円形、花穫は苞葉がウロコのように重なって、その中に美しい花を咲かせます。
原産地はインド。
インディアン・サフランとも呼ばれ、その根茎はすでに古代メソポタミアやエジプトの時代から染料として用いられてきました。
コンには春にピンクの花を咲かせる春ウコンと秋に白い花をつける秋ウコンがあります。 別名「姜黄(キョウオウ)」といい、古代中国より珍重されて来たのが春ウコン。刺激性のある辛味と苦味が特徴です。 一方、秋ウコンは特有の香りはあるものの苦味がなく、主に食品の色素や染料になります。
温多湿の気候を好むウコンは、インドのほか中国、台湾など熱帯アジア諸国に分布し、日本では沖縄・種子島・屋久島・奄美地方などで栽培されています。
日本ウコン産業の「春ウコン」は沖縄の農薬汚染のない大地で、太陽の光をいっぱいに浴びながら、有機農法による無農薬栽培によってすくすくと育ています。

茎の皮をむいて煮て乾かし、粉末にしたものが世界的に有名な香辛料「ターメリック」です。
カレー粉の黄色はこのターメリックによるもの。インドでは旅をする時、これを飲んで食あたりの予防としました。

 
お問い合わせ